保坂社会保険労務士・行政書士事務所

〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合5-10-5

TEL: 048-799-2189

E-mail: hosaka-office@ab.auone-net.jp

Copyright© 2019 保坂社会保険労務士・行政書士事務所 All Rights Reserved

顧問契約のすゝめ

企業経営者の皆様にお伺いします。

今、御社が抱えておられる経営課題は何でしょうか?

・営業力の強化による売上拡大でしょうか?

・これまでにない魅力的な新商品の開発でしょうか?

・価格優位性を産むための更なるコスト削減でしょうか?

企業を経営する上では様々な課題に直面されると思われます。

では、​その課題はなぜ生じたのでしょうか?

恐らく、「お金」もしくは「人」が原因ではないでしょうか?

どちらも大変重要な経営資源でありますので、その扱い方次第で

企業経営に大きな影響を及ぼす事と思われます。

「お金」の問題については、大多数の企業様が税理士の先生と

顧問契約を結び、経営アドバイスを受けたり、会計に関する業務

処理を委託していると思われますが、「人」の問題については

どうでしょうか?

労務問題は会計分野と異なり、複雑なルールや専門的な知識が

無くとも、独自の判断で決めてしまう事が出来る上、決算書の

ように毎年役所に報告をする必要も無い為、なかなか外部の

専門家と契約する判断に至らないケースが多いと思います。

しかし、冷静に考えてみて下さい。

経営者がどんなに優秀で商才のある方であったとしても、

独りで出来る事には自ずと限界があります。

 ・企業の活動は社員無しでは成り立ちません

 ・企業の成長は社員の成長無しには起こりえません

 ・企業の長期存続は社員から社員へのノウハウ継承の産物です

また、人間が集まれば、必ず何らかの利害関係が生じます

「十人十色」と言われる通り、考え方も価値観も異なる人同士が

連携して成果を出す為には、明確平等なルールが必要となります。

そして何より、経営者の方は本業である企業経営に専念して頂く

事が重要だと思います。お金の問題は税理士の先生にお任せして

いるように、人の問題は専門家である社会保険労務士にお任せ

頂く事こそが、御社発展の近道になると思われます。

ただし、社会保険労務士なら誰でも良いという訳ではありません

ましてや顧問料の価格で顧問先を決めてしまうのは大変危険です。

社会保険労務士は国家資格ではありますが、試験はあくまで机上の

勉強に過ぎません。闇雲に法律知識やあるべき論をふりかざしても

労務問題を解決する事はできません。

昔、大ヒットした映画にこんな名セリフがありました。

「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」

人事労務問題も全く一緒です。

 

 ・トラブルの現場に行き当事者の話をどれだけ聞いてきたか?

 ・個別複雑な問題事案をどうやって解決してきたか?

 ・逆に上手くいかなかった事例をどれだけ経験してきたか?

ういった事は参考書を見て勉強しても決して身につきません。

実際に人事労務の現場で場数を踏んで、失敗事例を含めた問題解決

への引出しを多く持っていないと、状況に応じた最適な解決策を

導き出す事は出来ないのです。

社会保険労務士を顧問として選ぶ際には

「どれだけ人事労務の実務経験を積んできているか?」

を最重要視して頂きたいと思います。

せっかく顧問料を支払うのであれば、最も費用対効果が望める

社会保険労務士と契約される事をオススメします

当事務所は約20年もの企業人事経験を積んでおり、人事労務に

関する事務処理は勿論の事、各種制度の設計~実運用~見直しに

至る全てのプロセス、労働トラブル対応、裁判所や労基署等への

対応に至るまで、企業人事に求められる事案を広範囲に対応する

事が可能です。

また、人事問題は経営に直結する事案も多く、気軽に社員と共有

する事が難しい面もあります。経営者が独りで問題を抱え込む事

無く、外部の専門家に気軽に相談できる体制を整えておくことも

立派なリスク回避措置だと言えます。

ぜひとも、社会保険労務士との顧問契約についてご検討頂き、

当事務所をその契約先として選定頂ける事をお待ちしております。